head_hexagonはにらぼ☆てっくtale_hexagon
Archive » 11月 2015
ブログ画像

Flash->HTML5Canvas アンチエイリアスが解除できないときの解消法

こんにちは。rihokです。 FlashでHTML5Canvasをパブリッシュすると、自動的に画像にアンチエイリアスがかかる場合があります。
それがいい場合もあるのですが、テキストを画像で配置している場合などは、アンチエイリアスを解消するために
 オブジェクトの配置をキリのいい数値にする
 オブジェクトのサイズをキリのいい数値にする
 オブジェクトの拡大/縮小でも小数点が入ってしまうのでキリのいい数値にする
という対応を入れるとだいたいの場合は解決するのですが、それでもダメなパターンがありました。 上の3つは対応した上で問題を探っていくと
 1)flaファイルの、あるレイヤーを消すとアンチエイリアスが解消する
 2)1で消したレイヤーを戻して、他のレイヤーを消してもアンチエイリアスが解消する
 3)1と2のレイヤーが両方ある時だけアンチエイリアスがかかってしまう
という状態に。どこか固定のレイヤーが悪さしているわけではなさそうです。 その2つのレイヤーが「両方共存している」ことでアンチエイリアスがかかっていました。
途方に暮れていろいろ考えていたのですが、1と2のレイヤーで使用する画像をスプライトシート上で切り離したら
アンチエイリアスがかからなくなるのでは?と思いつき、実際に試してみることに。 パブリッシュ設定のアセット書き出しオプションのイメージの下にある「スプレッドシートの最大サイズ」の設定は
もともとデフォルトの設定にしていたのですが、問題の2つのレイヤーが離ればなれになるように
最大サイズを小さく設定してパブリッシュしてみたところ、うまくいきました。
ようやくアンチエイリアスがかからなくなりました。 スプライトシート化された時に、なんらかの配置ズレが置きているのでしょうか。
もっといい方法があってほしいものなのですが、ひとまずはこの方法で解消しました。 Flash Professional CC 2015になって、特に意識せずに
リソースを一気にスプライトシート化してくれるのは便利なのですが、こういう時はドキドキします。 ちなみに、スプライトシートの最大サイズを設定する項目が「スプレッドシートの最大サイズ」となっているのはなぜなんでしょう…

Posted by rihok on 2015/11/27 under Development

社内バーベキューで歓迎会!

こんにちは、kiyokazkです。 先日、またまたエンジニアがハニカムラボにジョインしました。
ということで何はともあれ歓迎会! せっかく広いテラスがあるのに、火を焚いちゃいけない…ということだったので、いままでバーベキュー的なことは諦めてましたが、そうだホットプレートがあるじゃないか!!ということで、テラス部分+天窓エリアを使って室内バーベキューをすることにしました。 (さらに…)

Posted by kiyokazk on 2015/11/11 under misc