head_hexagonはにらぼ☆てっくtale_hexagon
Archive » 9月 2017

クリエイティブコーディングとは

こんにちは、ハニカムラボのエンジニア 松田千紘です。 9月30日に自主的勉強会として「クリエイティブコーディングもくもく会」を開催いたします! そこで今回はクリエイティブコーディングについての記事を書きたいと思います。   クリエイティブコーディングとは? クリエイティブコーディングとは、アートやデザイン制作のためにプログラムを用いること、およびそのためにプログラミングを行うことを指します。 例えば、プログラムでグラフィックや映像、音楽、立体物を制作する活動は「クリエイティブコーディング」です。 使用されている言語や環境はProcessing、openFrameworks、vvvv、PureData、そしてUnityなど様々です。   クリエイティブコーディングの魅力 クリエイティブコーディングの魅力はいくつもありますが、その中でも特にアピールしたいのは以下の2点です。   繰り返しの作業を計算機におまかせできる 「同じ円を同じ大きさで何百、何千と描いてください」と言われても疲れてしまいますね。 しかし、計算機は繰り返しの作業が得意なので、そういった表現も簡単にできてしまいます。 グラフィック制作でいえば、以下のように再帰を表現に用いることで複雑な繰り返しも簡単に描くことができます。   偶然に美しいものと出会える 絵筆を持ちキャンバスに向き合っても、それは描き手の想像の枠の中の絵画しか生まれません。 しかし、クリエイティブコーディングでは乱数や複雑な数式を用いて、コーダーの思いもよらない作品を生み出すこともできます。 偶然の中から美しい作品を生成できた時の喜びはひとしおです! 下のグラフィックは、乱数によって様々な曲線を生成・着色したものです。 乱数がグラフィックの構成要素になっているため、描画するたび異なる作品となっています。       イベント告知 クリエイティブコーディングもくもく会で、クリエイティブコーディングにさらに親しんでみませんか? 初心者からプロの方まで大歓迎です。 私はProcessingでもくもくする予定です!よろしくお願いします。 クリエイティブコーディングもくもく会 01 : ATND  

Posted by MatsudaChihiro on 2017/09/26 under Development