HoloLens 2を活用した遠隔臨場支援システム開発
會澤高圧コンクリート株式会社 2021/06/29 會澤高圧コンクリート株式会社と共同で、Trimble XR10(HoloLens 2搭載のヘルメット一体型デバイス)を活用した遠隔臨場を支援するシステムを開発。札幌市発注の公共事業において、同市職員立ち合いの下、本システムを用いた遠隔臨場を実施しました。

遠隔臨場用に開発した本システムは、発注者が役所内で使うPC、計測者が現場で使用するHoloLens 2、現場指揮者が現場作業の全体を進捗管理して役所に中継するために使うiPadの3つで構成されています。

公共事業の発注において、発注者は従来であればコンクリート部材等の製造・施工現場に足を運び、確認や立会を行いますが、本システムを使えば、役所にいながらiPadの映像を通じて現場の様子を把握できるほか、HoloLens 2が映し出す計測者の手元の状況も詳細に確認できます。また、検査項目のチェックリストや図面などを画面上に配置し、関係者全員で共有しながら作業を進められ、従前に比べて大幅な作業の効率化や時間の短縮を図ることができるようになりました。

今回の札幌市発注の公共事業での利用において、発注者および元請業社の担当者様からは、「移動時間の削減がもたらす業務改善効果は強く実感できた。定点カメラで検査の全体状況を確認しながら、ホロレンズの映像で検査の詳細を確認できるので信頼性が高い」「現場の人手不足は慢性化しており、省人化につながる取り組みとして非常に参考になった」との声をいただいています。

https://www.honeycomb-lab.co.jp/news/detail/?id=45
Credit Producer:河原田 清和
Project Manager:姜 百合子
Director:増田 早紀
Developer:飯田 兼也 / 竹内 竜一 / 澤田 悠暉 / 加瀬 祐介
Others:Cleber Nicotra